エポキシレジンで海の波が作れなかったことはないですか?

レジンで海の波が上手く作れなかったことはないですか?
白波を作った際に、雲の様にモヤモヤとした柄になりませんか?

雲の様にモヤモヤした白波
雲の様にモヤモヤした白波

ハワイのような海や波を表現するための、レジンアートの作り方を教えます

InstagramやYou Tubeでエポキシレジンを使ったレジンアートの動画をよく見るようになりましたね!その中でも、海のアートはとても綺麗で、「自分でも作ってみたい!」と思う方も多いでしょう。
実際に作ってみたけど、波打ち際や波しぶきが上手く作れなかった…と悔しい思いをした方はいらっしゃいませんか?
波や白波のレイシーな柄を綺麗に作るためには、いくつかポイントがあります!

今回は、

①材料選びの大切さ
②レジンの粘度の大切さ
この2つに分けてご紹介していきます。

※そもそもレジンアートやエポキシレジンって何だろう?と思った方はこちらをご覧ください。

①材料選びの大切さ

海外のアーティストの方が2液性レジンを使って綺麗な海を表現していますね!しかも簡単そうに…では、なぜ自分では上手くできないのか!
その答えは簡単です!材料が違うからです。
海外製のレジンは日本のレジンと異なるため、日本のレジンで海外の方の様に作っても、上手くいきません。

では日本のレジンでは、波は作れないのか…
そんなことはありません!
日本のレジンを使った場合の波の作り方を学べばいいのです!
まずはおすすめの材料からご紹介します。

エポキシアート協会おすすめのエポキシレジン(2液性レジン)

レジンにも色々な種類のレジンがあり、中には臭いが強くて鼻が痛くなってしまったり、目が痛くなってしまったりするものもあります。
当社でおすすめしているのは、クリスタルレジン(製造元:日新レジン株式会社)です。
刺激が少なく、「臭いもほとんどしないね!」とよくお客様に言われるレジンです。
エポキシレジン

クリスタルレジンのご購入はこちらから。

2液性レジンで波やセルを作り易い着色材

白波を作るためには白の着色剤が必須ですね!実は日本の白い絵の具では、なかなかセル(白波のレイシーな柄)が綺麗に出来ません。
当店でおすすめしているのは、シュプリームホワイトと言う海外製の着色剤です。

シュプリームホワイト
シュプリームホワイト

シュプリームホワイとはこちらから購入可能です。
そして、海の青の部分は、アムステルダムのアクリリックで色付けするのをおすすめしております。アクリル絵の具です。

白い着色剤と青の着色剤が別々の成分でなければ、お互いが混ざり合ってしまい、波を作った時に雲の様にモヤモヤっとぼやけてしまうのです。別々の種類の着色剤を使用するのがセルを作る近道です。そして、私たちが何度も実験した結果、上記の2種の着色剤の組み合わせが、セルを作り易い着色剤だと言う結果に至りました。

珍しいハンドメイド

着色剤はこちらから購入可能です。

 

②レジンの粘度の大切さ

2液を混ぜてから直ぐに波を作ろうとすると、これまた失敗の原因となります。
混ぜてから時間をおいて、レジンの粘度を高めてから作ってみてください。

主剤と硬化剤(2液)を混ぜてすぐに波を作っていませんか?

混ぜたてのサラサラのレジンで波を作ってしまうと、折角上記の着色材を使っても、また、モヤモヤっとした波になってしまいます。

混ぜてすぐに波を作った場合の画像
混ぜてすぐに波を作った場合の画像

時間をおいて、レジンの粘度を高めてから作った場合の画像
時間をおいて、レジンの粘度を高めてから作った場合の画像

エポキシレジンのオンラインレッスン

折角なら綺麗な波を作りたいですよね☆

粘度を高めるための時間

一概に「2液を混ぜてから何分待ってください」とは、言えません。なぜなら、気温によって、季節によって、地域によって、そして、着色剤の種類や色によって、硬化のスピードが異なるためです。
気温が高ければ30分も置いてどろっどろになってしまう場合もあれば
1時間おいても、まだ低粘度の場合もあります。

どのくらいの粘度が波に適しているかは、エポキシアート協会のレッスンにてお伝えしております。
対面式のレッスンに加えオンラインレッスンも行っております。
ご興味のある方は、是非、ご連絡頂けると嬉しいです。

海レッスンのご予約・お問合せはこちらから☆

zoomでオンラインレッスン