エポキシレジンで海の波が作れなかったことはないですか?Vol.2

以前投稿した「エポキシレジンで海の波が作れなかったことはないですか?Vol.1」の記事の反響がかなり大きく、それと同時に、波が上手く作ることが出来ず、困っていらっしゃる方が多いと言うことが分かりました!そんな苦しんでいる皆様に、もっと波を簡単に作って頂けるよう、今回は、私たちが見つけた”秘密の液体”についてご紹介します♪

目次

レジンアートで波の網目模様(セル)を作り出す 魔法の液体「Cell Add」★

私たち講師陣も、波が綺麗に出来るまで、何度も何度も失敗し、試行錯誤を重ねてきました。よって、苦労している皆様の気持ちがとても分かります!波の網目模様(セル)が出来ず、雲のようなモヤモヤとした柄になってしまうことがありますよね💦悩んでいる皆様に少しでも簡単に、そして綺麗に海や波を描いていただきたいと思っております! まずは、私たちが練習や実験を繰り返したことで、わかったことは、綺麗な波を作りたければ、3つのポイントがあると言うこと!そしてその3つとは ①材料選びの大切さ ②レジンの粘度の大切さ ③風の当て方 (こちらの3つのポイントの詳細については、こちらの記事に記載しておりますので、まだ読んでいない方は、是非こちらの記事からご覧ください★)

実験を繰り返した私たちは、ある魔法の液体にたどり着きました!

その魔法の液体と言うのが「Cell Add」です。 こちらの液体をレジンに混ぜ込むことで、セルが出来やすくなることが分かりました! エポキシレジンで海の作品を作ったものの、なかなかセルが出来なくて、困っている💦と言う方がいらっしゃいましたら、是非、こちらの「Cell Add」もお試しください! 「Cell Add」は500円で販売中です。気になる方は、こちらのショップサイトをご覧ください💕 ※Cell Addについての使用方法に関しては、メールでのお問い合わせにはお答えできかねます。あらかじめご了承ください。 Cell Addの使い方について、当協会で行っている海のレッスンでお教えしております★  

当協会では海のレッスンは2種類ご用意しております

ここまで読んでくださった方は、 ①レジンを使って、海の作品を作ってみたい! と言う方や ②独学で海を描いてみたけど、どうしても波が上手くできない! と言う方が多いと思います。正直に言います。波は難しいです!!2.3回チャレンジしてすぐに上手く作れるようになる可能性は少ないです💦そして、波が上手く作れないまま、独学でやり続けていても、レジンの無駄です!! 綺麗な波を作る近道を知りたい方は、是非当協会で行っている海のレッスンをご受講してみてください★ 当協会で行っている、海のレッスンは2種類!低価格で小さい作品が作れるレッスンと、1m近い大きな作品を作れるレッスン★ご自身が作ってみたい作品の大きさや、ご予算に合わせてレッスンをお選びください。

①海SEAプレート レッスン

内容:B5サイズ前後のプレートやべニアパネルを使用 1日で海の作り方の1~10までをお伝えします 波は1層のみ作成(砂浜は作りませんのでご了承ください) 所要時間:1日コース(90~120分) コースの詳細についてはこちらをご覧ください★

②オフショアボード レッスン

内容:大きなべニアパネルを使用(板のサイズは2種類から選択可能) レジンの扱い方や海の作り方の1~10までをお伝えします 波は2層作成し、最後に全体を透明なレジンでコーティングするコースです (砂浜は作りませんので、予めご了承お願い致します) 所要時間:3日コース 1日目(120~180分) 2日目(60~90分) 3日目(30~60分) ※その日のレジンの硬化スピードによってレッスン所要時間が多少変わりますのでご了承ください コースの詳細についてはこちらをご覧ください★

ハンドメイド商品を売りたいと思っている方へ

ここまで読んでくださってありがとうございます。これからエポキシレジンで作品を作ってみよう!と思っているかた、もしくは、今までもいろいろなハンドメイド作品を作ってきたかた、そして、作った作品を売ってみたいというかた、様々な方がいらっしゃると思います。

もし、作った作品をこれから売っていきたいと思っている場合は、「集客するコツ」「売れる理由」というものがあります。それぞ知らずに売り始めてしまうと、思うように売れず途中であきらめてしまうでしょう。まずは、「売れない理由」を理解し、集客するコツや売れる理由を身にみけていきましょう!

詳しくはこちらのブログ「ハンドメイド作家、5つの売れない理由」に記載いたしました。ご興味のある方は読んでみてください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる