エポキシレジンで作る海〜オフショアボード〜

新しいハンドメイド

当協会の講習会でエポキシレジンの基本が分かったら、次は大きな作品作りに挑戦してみたい!という方も多いと思います。

当協会では陸から海に向かって吹く風 “オフショア”の波をイメージしたオフショアボードの製作をしていますレジンアート海

色の付け方、波の作り方、を「海のプレート講習会」や「宇宙のプレート講習会」で学んだら、同じ方法でサイズを大きくしてオフショアボードを作ってみるのもいいし、応用して、違うやり方を試してみることも出来ますね。

横浜 レジン

こちらの写真は、アクリル絵の具で海と砂浜部分を塗り、(板の側面も塗りました)、乾いてから透明のレジンを青い海の部分だけ(砂浜にはかけない)に流して一層目の波を作りました。

数日後、一層目の波が乾いたら二層目の波を作ります。(砂浜にはレジンはまだかけません)

また乾かします。

数日後、砂浜も含めてボード全体に透明のエポキシレジンをかけて仕上げました。

新しいハンドメイド

*レジンが裏面まで垂れて固まらないように、裏面には梱包用のテープを貼ってあります。作品が出来上がってからテープを剥がします

どんなサイズの作品も乾かすのに2日間ほどかかり、ホコリが付かないようにカバーをかける必要があります。段ボールの箱をかぶせたりして、身近なもので代用できます。

レジンの扱い方や色づけ方法、そしてそこからの応用が分かれば作品作りの幅が広がります。

初めての方はぜひ講習会で体験してみてください

レジンアート横浜