toggle
epoxyart japan
2021-09-08

ハンドメイド作家、売れない理由

ハンドメイド作品が売れない5つの理由

当協会が行っているレッスンに来てくださるお客様の中には、「ハンドメイドが大好きで、色々作っている」と言う方が、たくさんいらっしゃいます★中には作った作品をフリマアプリなどで販売している方もいらっしゃれば、作った作品を知人にプレゼントしたり。一方で、「作品を作ったはいいもののどんどん溜まってしまって、どうしようか悩んでいる」と言う方も多いです。

作った作品を手元に留めておくのはもったいないです!最近では、フリマアプリも充実していますし、自分のHPを簡単に作れるようなサイトも、とても増えてきました!眠っている作品たちを一人でも多くの方に知って頂くチャンスです!

ただ、販売したからと言って、「そんなすぐに売れないでしょ・・・」や「実際に販売しているけどなかなか買ってもらえない」と言う方も多いと思います。それはそうです!簡単に売りやすい時代になった分、売る人が増えたのですから、競争率も高くなっています!

では、まずは「売れない理由」を考えていきましょう。

ハンドメイド作品、売れない理由5つ

売れない理由1:作品が良くない

まずは大前提ですね!作品が素敵でなければ、買って頂けません。

売れない理由2:作品画像がいまいち

SNS、フリマアプリやHPも簡単に始められるようになった今の時代。自分の作った作品を簡単に販売スタート出来るようになったと思いませんか♪とても便利な時代です★

その反面、「競争率がとてつもない!!!」そんな時代だからこそ、写真の撮り方一つで目を止めてもらえるか否かも変わってくるのです。

写真が暗い・ボケてて詳細が分からない・全体像が分からない・裏面はどうなっているのか不安・サイズ感が分からない。

お客様が購入するときに作品のどこを見たいか、何を知りたいのかも考えながら、写真を撮りましょう♪

売れない理由3:作品がよくあるもの(ありきたりなもの)

貴方の作品は、唯一無二のものでしょうか?ハンドメイド作家として作品を販売している方の多くは、様々なこと(様々なハンドメイド)にチャレンジし、自分が元々持っている技術と、新たな技術やアイディアを組み合わせ、どんどん新しいものを生み出していきます!

そんな中で、世の中によく出回っている&類似品がたくさんある商品が売れると思いますか?

自分だけのオリジナルの作品を作る必要があるのです。

売れない理由4:売り方やアピールの仕方が良くない

私たちが、この協会をスタートする際にも「マーケティング」を学びました。マーケティングとは、簡単に言うと「売れる仕組みを作ること」です。 実際にマーケティングを行う際には、「誰に」「どのような価値を」「どのようにして提供するか」を考えていくことになります。

私たちも、マーケティングを学び、お客様の目線で考えながら商品開発やレッスン内容を考えてきたおかげで、昨年に比べてかなり多くのお客様に知って頂くことが出来ました。そして、それに伴い、レッスンが満席になって人手が足りなくなって困ったり、商品がどんどん売れるようになってきました!

一つ言い切れることは

「どんなにいい作品があっても、マーケティングが構築出来ていなければ”売れない”!!」と言うことです。

例えば、同じものを売る場合でも、売る相手によって、売り方・売値・商品名・商品説明文を変えるほど、ターゲットに合わせた売り方を考える必要があるのです。

貴方は、商品名や商品説明文を考えるときに、どのような人たちが、自分の商品を必要としているか、想像したことがありますか?とりあえず商品について説明すればいいと思っていませんか?

その人たちの事を想像しながら、見せ方や文章を考えてみてください。

売れない理由5:SNSなどを活用しきれていない

メルカリ、ミンネ、クリーマ、BASEなど、作品を売るために色々なアプリやツールを使っている人はいると思います。

一方で、Instagram、Twitter、フェイスブックなどのSNSも利用者がかなり多いですね。

では、それぞれを上手く連携できている人はどの位いるでしょうか?例えば、フリマアプリで作品を販売しているAさんと、フリマアプリで作品を売りつつ、Instagramで商品の画像を沢山UPながら、フリマアプリでも作品を販売していることをアピールしているBさん。どちらが多くの人に自分が商品販売していることを知ってもらえるでしょうか?

折角ISNSをやっているのに、活用しきれていない人はどの位いるでしょうか?例えば、ハンドメイドマルシェに出店して、必死にお客様にアピールしているCさんと、事前にInstagramなどで、ハンドメイドマルシェに出店することをアピールしながら、ハンドメイドマルシェで商品を売りながら、作品と一緒に自分の作品を販売しているHPのURLが書いた紙を渡しているDさん。どちらの方が、商品を買って頂くチャンスが増えるでしょうか?

まずは、自分がどんな作品を作っているのか、どこでどうやって販売しているのかを、SNSなどを使って上手く発信できるといいですね★

ハンドメイド作品が売れる為には

商品がなかなか売れなくて行き詰っている。このままではいけない・・・と思ってはいるけれど、どうすればいいのかわからない・・・独自性のある素敵な作品を作りたいけど、何をプラスすればいいのかわからない・・・

そんな方におすすめなのが、「エポキシアート」です。

エポキシアートとは?

「エポキシアートⓇ」とはエポキシアート協会の代表みどりかわが創造した名称で、
自然乾燥で硬化するエポキシレジン(樹脂)を使って作る様々なアート作品のことです。詳しくはこちらのページに記載しております★

なぜ、エポキシアートがおすすめなの?

エポキシレジンのアートは海外で生まれたアートです。近年徐々に日本でも広まり始めましたが、2年前は「エポキシ?なにそれ?」とほどんどの方が知りませんでした。そして、今でもまだまだ広まり切れていないのが現状です。と言うことは、「始めるなら今のうち!」と言うことです。

そして、エポキシレジンアートは様々なアートとコラボレーションが可能です!どの様な新たなアートが生み出せるか、一度トライしてみたくないですか?

UVレジンとエポキシレジンをコラボさせても良し

アルコールインクアートとエポキシレジンをコラボさせても良し

まずは、自分に合ったレッスンを探し、エポキシレジンをマスターしてみましょう★レッスン内容はこちら

エポキシレジンで作った「3D Rejin フラワー」
LEDライトをレジンで閉じ込めたライトキューブ
海をイメージしたオフショアボードレッスン

もし、自分の作品がなかなか売れない・・・悩んでいる方がいらっしゃったら、自分が元々持っているハンドメイドの技術とエポキシレジンを組み合わせて、新たな作品を生み出してみませんか?

当協会では、エポキシレジンの特性を生かした様々なレッスンを開催しております★レッスンについてはこちらをご覧ください。

エポキシレジンを始める方の多くが、ハンドメイド経験者!その理由とは?

冒頭で記載した通り、エポキシアート協会のレッスンに来てくださる方の多くが、他種のハンドメイド経験者の方が多いです。流行や感度の高い方ほど、いち早くレッスンを受けたい!ご予約をくださいます。

では、なぜハンドメイド経験者の方が、エポキシアートに興味を持ってくださるのでしょうか?

理由1:目新しい

やはり、一番の理由は新しさ!今までなかったジャンルのアートなので、「何コレ?!」「コレ自分で作れるの?!」と検索して、当協会のHPやレッスンにたどり着いてくださる方が多いです!そして、元々ハンドメイドをしている方ほど、情報が早く、「最近エポキシレジンが流行っているらしいよ!」と噂が広まっているのです。

そもそも、エポキシレジンって?実は元々接着剤なの?!

エポキシレジンは元々工業用の接着剤として使われていました。(今でも使われています。)その接着剤を「アートにしたらどうなるんだろう??」と生み出されたのがエポキシレジンアートです。

昔からある材料を違う目線で見ることで、こんなに素敵な産物ができるなんて、素敵な発見ですね!

ハワイのアーティスト「サラ・カードルさん」が火付け役

「サラ・カードルさん」をご存じでしょうか?エポキシレジンアートを生み出した女性で、NHKで取り上げられたり、日本でも展示販売を行い、日本人からもとても人気な作家さんです。元々海が好きで、「自分の好きな海を、レジンで表現できないか?!」とスタートさせたのが始まりだそうです。とても綺麗な作品を作る方なので、是非一度検索してみてください♪

理由2:作品が美しく、目を惹く

ハンドメイドマルシェなどに、年に何度が出展させていただきますが、ありがたいことに、私たちのブースにはいつも人だかりが出来ます!理由は明確です。作品の光沢感や色の美しさと、まだ見ぬアートだから!!

当協会の中でも特に人気なのが、海の作品です。お客様たちはいつも「この綺麗な海は何で作っているの?!」「どうしてこんなに繊細でリアルな波が描けるの!?」と質問してくださいます。

人気の「海の作り方」

海はエポキシアートの中でも”最も難しいアート”と言ってもいいでしょう。本当に難しい・・・綺麗な波を描けるようになるには、練習が必要です。よく、生徒様の中に「エポキシレジンを買って独学で海を作ってみたけど、どうしても上手くいかない・・・特に波が綺麗に出来ない・・・」と助けを求めに来てくださる方がいます。「レジンと時間を無駄にした・・・」なんて言葉もよく聞きます。

「お任せください!当協会の海のレッスンでは、波を綺麗に作るコツをしっかりと伝授いたします!」

海のレッスンについての詳細は、こちらに記載しております。

なぜ作品が美しくできるのか

エポキシレジンの特徴は「表面がつるっとキラッと光沢感」があります。エポキシレジンは元々接着剤でしたが、今では絵やアートのコーティングにも使われるほど、仕上がりが美しく、作品を間近で見た方の目を輝かせるほど、光を反射し、クリスタルの様に輝きます。

こんな材料で作った作品です。美しくないはずがありません♪

理由3:世界に一つだけの作品しかできない

どんなハンドメイドでも、「世界に一つだけの作品」を作ることは出来ます。でもエポキシレジンアートは「世界に一つだけの作品しかできない」のが特徴です!悪い意味で聞こえるかもしれませんが、そこが面白く、価値あるアートなのです。

似た作品は作れても、全く同じ作品を作るのは難しい

エポキシレジンの特性上、硬化するまでに数日かかります。その間に、レジンは流動し、形を変えていきます。それを想像しながら、作品作りをしていくのがまた楽しく、そして、誰にも真似できない逸品が作れるのです。

色も柄もその時の気分次第

レジンは元々無色透明です。ですが、自分の好みの色を付けることが出来ます★

例えば、海のアートを作ろうとした時、多くの方が「青」や「エメラルド」のような寒色の海を想像される方が多いですが、サンセットやサンライズの海を想像してみてください。決して青だけが海の色ではありませんよね♪

どんな作品にどんな色を付けるか、それはあなた次第です★それがアートです。

マーケティングにご興味がある方へ

上記で記載した通り、作品を販売するうえで、「マーケティング」は本当に本当に大切です!(←大切なので、何度でも言います!)当協会では、このマーケティングも学べるコースがございます★デザイナー講師養成講座と言うコースです。このコースはマーケティング講座が含まれており、自分の商品をどのようにアピールすれば、人を惹き付けられるようになるのかを学べます。ご興味が出た方は、一度見るだけでも見てみてください★

デザイナー講師養成講座についてはこちらに詳細を記載しております♪

最後に

長々と、ここまで読んでくださって本当にありがとうございます。私たちは一人でも多くの方にエポキシレジンの魅力を知って頂きたく、イベントに参加したり、レッスンを行ったり、メディアに出てみたりと、様々な方向から活動しております。このブログをご覧になった方の中で、少しでもエポキシレジンに興味を持ってくださった方がいたら、嬉しいです。

ご予約ではなく、問い合わせのみでも、なんでもお待ちしておりますので、もし聞きたいことがございましたら、こちらまでお問い合わせください★(※有料レッスンで生徒様にお伝えしていることに関する質問はお答え出来兼ねます。ご了承お願い致します。)

関連記事