blog

良質なハーバリウムオイルが購入できるお店

良質なハーバリウムオイルが購入できるお店

ハーバリウムの材料

ハーバリウム作家の皆様、質がよくてなおかつ安いハーバリウムオイルをお探しではありませんか?

エポキシアート協会が提携している横浜ハーバリウム弐番店

 

では良質なハーバリウムオイルをお安く提供しております。

横浜ハーバリウム弐番店のハーバリウムオイル

ハーバリウムオイル

横浜ハーバリウム弐番店で使用しているオイルは、無色透明で無味無臭、不純物がなく極めて高純度。皮膚刺激性がほとんど無く、人体に優しく安全性が高いのでベビーオイルやハンドクリームの基材にも使用されています。数多くのオイルの中から私たちはこの材料を選んで使っています。

なぜ良質なのに安く提供できるのか

それはハーバリウム弐番店を運営している(株)ミナロが木型・治具メーカーであルからこそ!

純度の高い安心安全のハーバリウムオイルを厳選して調達することができます。それをハーバリウム作家の皆様に提供しております。

ハーバリウムオイルだけではなく、エポキシレジンの販売も

エポキシレジン

またハーバリウム弐番店ではエポキシレジンも販売しております。

UVレジンのオイルとは違いUVライトを必要としないで硬化するレジンです。

エポキシレジンのアイフォンケース エポキシレジンのワークショップ

ハーバリウムからさらには幅を広げたいとお考えのハーバリウム作家の皆様にとってもオススメのハンドメイドアートです。

お手持ちのハーバリウムの材料を使って作成することもできますよ。

エポキシレジンのスマホケース

 

 

海のインテリアをハンドメイド

海のインテリアをハンドメイド

ウェルカムボード

リビングや玄関に飾ることのできる海のインテリアをハンドメイドしませんか?

海が好きな方、ハワイが好きな方にもオススメ

エポキシレジンの海

大好きな海の色、透き通るような水色、深い深い海の底のような青、夕焼けのオレンジ色、朝焼けの淡い海の色・・・あなたはどの海の色がお好きですか?

ご自身の好きな海の色で、ご自身でハンドメイドした作品をインテリアにしてお部屋に飾れたらとっても素敵ですよね。

エポキシアートをハンドメイド

エポキシレジンのハンドメイド

エポキシアートとは、UVライトを使わないエポキシレジン樹脂で作るアートです。

エポキシレジン特有の艶感で海のキラメキや波しぶきを表現することができます。

他の画材にはない、ツヤツヤ感がエポキシレジンの特徴です。

いろんな大きさのインテリアをハンドメイドすることが可能

エポキシレジンの作例

インテリアサイズにぴったりサイズの、プレート型や切り株型、カッティングボードなど様々な形のインテリアアートを作成していただけます。

エポキシアート協会では、エポキシアートのワークショップを各種ご用意して毎日開催しておりますので、ぜひご参加ください。

またコツを掴めばご自宅でも作成していただくことが可能なアートです。

大きさや種類は無限大ですので、小さい海から大きなサイズの海まで、自由な表現で作ってご自身のハンドメイドでお部屋を海いっぱいにコーディネートすることができます!

エポキシレジンのワークショップ

エポキシレジンのワークショップ

まずはぜひ1度、エポキシレジンのワークショップにご参加ください。

ワークショップは毎日開催しております。詳しくはこちらをご確認ください。

 

 

 

UVライト不要!簡単!レジンのハンドメイド

UVライト不要!簡単!レジンのハンドメイド

UVレジンのハンドメイドを始めたい!と思って調べてみると、

まずはUVライトを購入しなければいけなかったり、
UVライトサイズの小さな作品しか作ることができない・・・とゆう限界があったり

UVレジンのハンドメイドを試してみたくても、なかなか第一歩が踏み出せない方も多いと聞きます。。。

エポキシレジンのワークショップ

そんな方には、エポキシレジンがオススメです!

エポキシレジンはUVライトが不要で、UVレジンよりも取り扱いやすいレジンです。

「エポキシレジンとUVレジンの違いとは?」

1.エポキシレジンはUVライト不要

UVレジンはUVライトが必要なのに対し、エポキシは自然乾燥で固まるのでUVライトが要りません。硬化するのに約2日間必要です。

エポキシアートのワークショプの様子
スクエアプレートに海をデザイン

2.エポキシレジンは厚さと大きさは無限大

UVレジンは紫外線が届かないと固まらないため、薄くて小さいものを作るのに適していますが、エポキシは自然に固まるので、厚さや大きさが無限大です。立体的で大きいものを作る事も可能です。

3.エポキシレジンはどんな色でも着色可能

UVレジンは紫外線が届かないと固まらないため、着色する際に不透明なものは使用出来ません。エポキシはどんな色みでも作成可能な為、作品の幅が広がります。

エポキシアートのワークショプの様子
切り株に海のデザイン

4.エポキシレジンは自分で型の作成も可能

エポキシは自然硬化できてUVを通す必要がない為、透明な型を使用しなくても制作出来ます。そのため、自分で型を制作すれば好みの形のレジンが作る事が可能です。

5.エポキシレジンは黄ばみにくい

エポキシは年月が経っても紫外線の影響を受けにくく、変色しにくいです。

6.エポキシ作品は表面滑らか

UVレジンの場合、(スマホケース位のものを作る場合)表面がボコボコしてしまう可能性が高いですが、エポキシは完成作品の表面が滑らかでつるっとするのも特徴です。

 

エポキシレジンのワークショップ

エポキシレジンのワークショップ

エポキシレジンをお試しされたい方は、ぜひワークショップにご参加ください!

毎日開催(定休日以外)しておりますので、お近くの会場をお選びください。

ワークショップ一覧はこちらです。